FC2ブログ
KH BbS プレイ日記19
イースvs空の軌跡とBASARA3が届いたので怒濤の勢いで進めましたよ。


テラ編 プラウドモードで再プレイ
レイディアントガーデン
マンドレイクが恐い・・・。

トリニティアーマーは相変わらず楽勝。
手足を順に攻撃すればよし。攻撃は割と簡単に避けられます。

ブライグ戦
前回は敵が攻撃するときには必死に逃げていましたが、ガードすれば打ち返せることを知ったので、ひたすら□ボタン連打。
ガード不可のものはスライドで回避。
慌てているから見分けるのが間に合わず、無駄にガードをしていることも多かったですけどね。
離れているときはクラッカーファイガで攻撃、近かったら通常攻撃で乗り切りました。

ディズニータウン
最初のショートカットを使ってひたすらアクセル。
カーブではブレーキを踏まずに手を放す程度でも乗り切れましたよ。

オリンポスコロシアム
謎の兵士戦は特に問題無いのですが、連戦のハデスに操られた兵士に苦戦。
コンボリーヴがあれば、楽だったのでしょうけど、まだ準備出来ていません。
リーフベールはあるのですけどね。
強烈な連続攻撃がとにかく脅威。
これをある程度回避しない限り乗り切れません。
確実に10回以上はやり直しましたね。
安全第一である程度距離を取り、サンダーブリッツ、ソニックレイヴ、クラッカーファイガで攻撃するようにしたら、なんとか勝てました。

ディープスペース
入るときのキーブレードに乗ってのバトルは適当に攻撃ボタンを連打で乗り切りました。
プラウドでもあまり難易度が変わらない気がします。

試作品221号戦
どんな攻撃をするかすっかり忘れていたので、適当なデッキ。
離れたらファイア系で、近いときは通常攻撃で頑張りました。

ネバーランド
プラウドになってもやっぱり弱かった。
それよりむしろ、その後の大量アンヴァース戦の方が辛かったですよ。

イベントはスキップしまくったので、一瞬行き先に迷う。

旅立ちの地
激高したマスター・エラクゥス戦
安全第一。ガードしてリベンジスタンプがメイン。
たまにソニックレイヴとクラッカーファイガ、ダークファイガで。

ラストバトルに向かう前にアリーナへ。
前回は、ゼアノートレポートを取る前にクリアしちゃったのよね。
今回はきっちり持ってクリアしますよ。

キーブレード墓場
到着時はまだレベル30なかったので、竜巻に積極的に巻き込まれる。
33になったら、ボス戦へ。
付けたコマンドはソニックレイブ、クラッカーファイガ、ダークファイガ、ソロアルカナム、そして弱気にケアルガ3つ。
ヴァニタス&ゼアノート戦。
ヴァニタスにある程度ダメージを与えればいいので、見失わないように気をつけながら、ソニックレイブかリベンジスタンプで。

ゼアノート戦
ここのゼアノートは攻撃しやすいので、積極的に攻める。
見失ったらとにかくガード。
意外に楽でした。

ゼアノート最終戦
離れて、なおかつ隙がありそうだったら、クラッカーファイガ、ダークファイガ。
それ以外はひたすらガードしてリベンジスタンプ。
終わったらケアルガ。
レストアガードはかなり効果的でした。
お陰であっさり1回で無事クリア。


これで3人プラウドクリア+ゼアノートレポートコンプリート。
なので

ラストエピソード
心が離れてしまったヴェンを背負い、不思議な塔を出るアクア。
さて、どこか安全な場所は・・・。
目を閉じたままのヴェンがキーブレードを呼びだし、扉を作る。
「ここに行けばいいのね」
そうして通り抜けた先は、懐かしの「旅立ちの地」。
しかし、その姿は変わっています。
前庭に落ちているキーブレードを拾い上げ、建物の中へ。
そして、エラクゥスから聞いていた方法で、この地をアクア以外の人間には入ることが出来ないよう閉ざします。
「ちょっとの間、待っていてね。」
そう言って、アクアは今度はテラを探しに出ていきます。

レディアントガーデンへ。
「テラ!」
いや、髪の色が違うでしょ!
呼びかけ近付くと、何か様子がおかしい。
倒れていたゼアノートも混乱中のようです。
自分が誰なのかよく分かっていないようです。
が、すぐに思い出したようで、アクアに襲いかかってきます。
ゼアノート戦。
テラの時と一緒。とにかくガード命。
こんなことならデッキは全てケアルガにした方が心理的に落ち着きそうな気がしてきた。
積極的な攻撃は出来ないけどさ。

連戦です。次はゼアノート(背後の怪物付き)です。
上のゼアノートよりは隙が多いです。
ガードの合間に攻撃も入れる余裕があります。
攻撃は魔法とブリッツ系でやりました。
ゼアノートの攻撃は、連続斬りと背後の怪物を使った攻撃以外は、割と避けやすかったです。
背後の怪物は時々アクアを捕まえて、精神世界?に連れて行ってくれます。
(ボタンをちゃんと押せば振り切れるようですが、慌ててボタンを押し損ないばかり)
精神世界でも指定ボタンを押すとテラとの連携が出来るようですが、これまた慌てて失敗ばかり。
今度もかなりガードでダメージを稼ぎ出し、どうにかクリア。

そして、エンディング。
闇に堕ちていきそうになったテラの身体をなんとかつなぎ止め、キーブレードに乗って脱出を試みるも、力がたりません。
このままでは2人とも堕ちてしまう。
ならば・・・アクアは躊躇わず、自分のキーブレードをテラに持たせ鎧を使い、光の下へ飛ばします。
そのまま堕ちていくアクア。
「ごめんね、ヴェン。起こしに行くのが遅くなる」
闇の世界で一度くじけそうになりましたが、友との絆でまた歩き出すアクアでした。

そして、これでシークレットムービーも自力で見られましたよ。
2に至る過程がちろり、更に闇の世界でのアクアともう一人の様子、そしてソラの・・・(3への予告だな)。

で、これで隠しボスに挑戦できるらしいです。
隠しだから心置きなくカンニング。
うーん、どのキャラでやるのがいいのだろう。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2010/08/01 18:52 】 | KH バース バイ スリープ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
KH BbS プレイ日記18
テラ編 プラウドモードで再プレイ
を始めました。
自力でシークレットムービー目指しますよ。

旅立ちの地
アクアと違って、攻撃力が高いので、ここでの戦闘はあっさり終了。

エンチャンテッド・ドミニオン
プラウドで最初のワールドに行って、何が辛いかというとケアルがないこと。
私の避ける機能はかなり低いからね。
ということで、ワールドに入る前にコマンドボードに励む!
何度目かでヴェンのケアルを買い取ってクリアしたので、やっと入る勇気が出来た。
ついでにマグネも2つゲット。
ふはは、これで楽ちんだぜ。多分。
まあ、確かに途中は楽だった。
が、ボスはそうでもなかったです。
あと少しというところまでは問題無くいけるのですが、終盤、突進攻撃を繰り返すようになると何度目かを避けきれず、失敗。
10回以上やり直して、やっとクリア。
勝利の分け目は、スタイル変化が出てくるタイミングでした。
ちょうどHP回復のプライズが出た時に変化して、かなり削れた。

キャッスル・オブ・ドリーム
3人それぞれ護衛イベントがありますが、ここが一番楽でした。
マグネ→サンダー→通常攻撃で一掃→先に進むで、1マップ目ではシンデレラは無傷。
2マップ目はとりこぼし、階段から落ちる、でシンデレラにダメージが出てしまいましたけど。
ボスのシンフォニーマスターは、スタンダードと変わらないくらい楽でした。
適当にセットしたコマンドを使って勝利。

ミラージュアリーナでコマンドボードを一通り。
2週目からシークレットまで出来ちゃうから、ヘタレには助かる。

ドワーフ・ウッドランド
ここも雑魚はマグネ系を使って突破。
ボスの鏡にはクラッカーファイガ2つ(ここで拾った物とコマンドボードで手に入れたもの)とケアルラ、ケアルを各1個を持っていきました。
プラウドモードだけど、初めての時より巧く戦えたと思う。
結構余裕で勝利。

不思議な塔~謎の荒野
スパッとイベントスキップ。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2010/07/30 16:33 】 | KH バース バイ スリープ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
KH BbS プレイ日記17
イースvs空の軌跡もBASARA3もまだ届いていないよ!
ついでに発送メールすらまだだ。
かなり早く予約しても、あまり関係無いね。

ディスティニーアイランド(アクア編)
海岸で考え込むアクア。
そこへリク&ソラが通りかかかり、光を感じたアクアは彼らに声を掛けてみました。
そんな2人はテラとヴェンに内面がよく似ている。
思わずにっこり。
リクが既にテラからキーブレード継承をすませているこに気付いたアクアは、ソラの方に問いかけを。
「ソラはリクが好き?」
「勿論」との返事に「リクが、もし暗闇の道へと迷うことがあったら、今みたいに隣にいて助けて上げるのよ。それはソラにしか出来ないことだから」と含むように聞かせる。

ところでキーブレードの継承というのは、現在所持である者がふさわしい人物を見つけたら、ちゃっちゃとやって良いものなんですかね。
マスター制度とかあるのを見ると、どこかの機関に申請しないといけないような雰囲気。

「選ばれし者は近付きすぎてはいけない」と、そのまま仲良く帰って行く2人を見送り、アクアは次の世界へ。

不思議な塔(アクア編)
異空を漂うミッキーを回収して塔へ連れて行くと、そこで驚くべき知らせが。
マスター・エラクゥスが討たれたという
しかも倒したのはテラらしい。
一体何が!
事実を確認するため、そしてテラとヴェンを守るため、テラがいる気配がするキーブレード墓場に向かう。

キーブレード墓場(アクア編)
うーむ。
アクアは序盤逃げまくったせいか、最後のセーブポイントに着いたというのに、レベルが30もない。
一回ワールドに出て、再度入って竜巻に突っ込むを繰り返して、レベル33まで上げました。
1回目は練習のつもりで、先に進んで見ます。
氷付けになるヴェンの所までは一緒。
そして、時間稼ぎとも知らずにブライグの挑発にのり、彼との戦闘開始。
ブライグ戦
入れててよかったファイガ系。
ファイガバースト、トリプルファイガ、バレッジファイアと3点セットで入れておきました。
こういう飛び回り系の敵には便利です。
戦いは、アクアの基本のガード反撃です。
敵が攻撃するときはひたすら□ボタンを連打。
隙が出来たら、魔法使用。
この時、敵と近かったらタイムスプライサー。
これとケアルガ2つで無事乗り切りました。

ブライグが去り、倒れたヴェンの元の駆け寄ろうとすると、ヴァニタスに後ろから襲われ倒れるアクア。
そんなアクアを起こしてくれたのはミッキーです。
倒れている間にヴァニタスとヴェンの融合が行われたようで、目前にはXブレードを持つヴェンの姿が。
しかし、言葉を発するとその中身はヴァニタス。
彼は古のキーブレード戦争を再び起こすことを望んでいる、そんな話を聞かせてくれます。
(でも、それはゼアノートの望みだよね。ヴァニタスはなんでそれを望むのかな?協力する理由がわからん)
そんな事はさせない。ヴェンを返しなさい!とミッキーと共にヴァニタスと戦う。
ヴァニタス戦
3度目ですよ。アクアは当然ガード反撃中心。
でも、結構ダメージ受けてケアルガ2つでは少々不安でした。
しかしミッキーがかなり頑張ってくれるので、思ったよりは短い時間で終了。
(ただし、ミッキーの「力を合わせよう」はほぼ失敗でした。ガードの□を押しまくっていたので)

Xブレードはアクアが持つ「つながりのお守り」から生じた光により破壊。
しかし、Xブレードの力が暴走し、暴風が巻き起こる。
それに流されるヴァンの身体。
必死に追いかけ、手を握りしめるアクア。
無事、ヴァンの手を握り締め、共に流され始めますが、それをミッキーが助け出し、不思議な塔へ。
目覚めたアクアは、ヴェンを起こそうと声を掛けますが、反応せず。
イェン・シッドが言うには、ヴェンの心は光と闇の狭間で漂っている状態とか。
絆を信じ光の下で待っていれば、いつかヴェンが目覚めるとき、それを頼りに戻ってくる、とも。
しかし、テラは・・・。
テラは絶対見つける。自分なら見つけられる。
そう信じるアクアでした。

ということで、とりあえず3周はしたけれど、「シークレットムービーを自力で見る」を目指して、テラをプラウドで再挑戦に向かいます。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2010/07/29 17:10 】 | KH バース バイ スリープ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
KH BbS プレイ日記16
ディープスペース(アクア編)
おお、今度はキーブレードに乗っての戦いがない。
あっさり内部に入り込みます。
早速アンヴァース戦。
あ、マグネ系を外してた!
お陰で何度も警報を聞いてしまいました。
(デッキは数個用意できるけど、面倒なので1つしか使っていない。いや、もしかして組み替える方が面倒か?)
なんとか倒すと、スティッチと遭遇イベント。
例のお守りを持っているところを見るとテラが来た後のようですね。
アクアと話す間もなく、大尉の姿を見て逃げてしまいました。
事情が分からないアクアは、大尉に聞かれるまま、スティッチが逃げて行った方向を教えてしまいます。
でも、密航者としてアクアも捕まりました。
とりあえず大人しく議長の所へ連行されました。

ここでの議長と大尉の出現したモンスターへの対策の話を聞き、アンヴァースは自分のキーブレードでしか倒せないこと、その討伐に力を貸すことを申し出ました。
ついでにスティッチとその制作者の捜索も一緒に引き受け、自由行動を。

やっぱり、船体外壁でのキーブレードに乗ってのバトルは苦手よ。
負けはしないけど、なかなか攻撃を当てられない。
やっと乗り切って、収容区画。
先ほどテラの名を口にしていたスティッチを発見。
事情を聞き出そうとしますが、アンヴァースが邪魔なので、まずはそれを片付ける。
スティッチもお手伝い。
なにかリンクコマンドがあるのかな?
でも、気にしないで、マグネを使いまくってお終い。

この後、どこに行けばいいんだー。
とちょっと悩む。
つながりのお守りを拾うイベントを見たら、コントロールルームまで戻されました。
今度はスティッチと博士を捕らえて欲しいと議長に頼まれ、これも引き受け。

出撃デッキで彼らを発見。
アクアの持つお守りを見つけ飛び付いて奪い取り、大事そうに持つスティッチ。
博士は、そのお守りはテラが持って居た者を真似て作った物、そしてテラと出会ったせいで友情という余計な者まで覚えつつあるらしい、と話し出しました。
そこへ、含む所いっぱいの大尉がやって来て、スティッチにブラスターを向けます。
捕らえるだけのはずなのに。
ガンドゥ戦。
今度はスティッチとの連携をやりました。
1回だけ。
適当にバシバシ叩いているとスタイル変化をするので(アクアは変化しやすい気がする)、それだけでなんとか鳴るくらい弱かったです。

倒すと議長登場。
勝手な行動が目立つ大尉は降格処分。
スティッチはアクアの嘆願で、確約は出来ないけれど処分は見直すということに。

ここで手に入れたエアスライドを装備して、回収し切れていない宝箱を集めて、次のワールドへ。

ネバーランド(アクア編)
降りた先に落ちていた紙を拾ったら、いきなりロスト・ボーイズ達から宝探し隊のリーダーに任命されてしまいまいた。
拾ったのは宝の地図だったようです。
先に見つけた方がリーダーだったようです。
全く興味のないアクアは最初は断りますが、彼女がリーダーにならないとお宝探し自体が中止になると宣言するピーターと、あまりにも落ち込む2人の姿に、諦めてお付き合いすることに。

今回はテラやヴェンでは行けなかった、虹色の滝の上の方に行けます。
ティンクが作った光の玉でジャンプ、ジャンプ、ジャンプ。
上の層に行くと、戦いなどで段差の外に行ってしまったら、一気に下のマップまで戻されてしまうと言う罠がありました。
狭い所は無視して、通り抜けるが吉。
でも、無視のお陰で、光の玉を登り損なったときに警報が鳴り響く・・・。

宝の地図を元に歩いてきたはずなのに、何故か元の場所に戻ってきてしまいました。
「困難を乗り越えることに価値があるんだ」と妙に説教臭いピーター。
さて、肝心の宝箱は。
先ほど思いっきり無視したフック船長が手にしていました。
が、中身を見てがっくり。
入っているはずの財宝がなく、ヴェンとともに入れたあれこれがいっぱい。
船長戦かと思いましたが、クロコダイルを見てあっさり逃げて行きました。

宝箱の中から、ヴェンが置いて行った木キーブレードを見つけたアクア。
物が手元になくなっても絆は切れない。
そんなヴェンの気持ちが分かって、微笑むアクア。
そんな所へ怪しげな気配。
皆はここにいて、と1人向かうアクア。
ええ、ボスは誰?
ヴァニタスでした・・・。
「予備は必要なくなった」とアクアの目の前で木キーブレードをへし折るヴァニタス。
え?今、そっちから私来たのだけどね。
ま、いいや。気合い入れていきましょう。
用心にケアルガを2つ。
遠距離用にファイガ、クラッカーファイガも入れておいて良かったわ。
まずはシュートロックで先制。
あとはガードを駆使して・・・、ケアルガ、あ、間違えた、ファイガ押しちゃった!
(ショートカットは使いこなせません。だってコマンドが来ても使用不可能なことが多いのだもの)
と思ったら死亡。
一度コンティニューしてグラビデ系も追加して、再戦。
今度はガードも上手くいって、無事撃破。
なんかほとんどカウンターで倒すような気がしてきた、このゲームのボス戦。

無事ヴァニタスを倒し、テラやヴェンを守れたと思い倒れるアクア。
そんなアクアをピーターが起こしてくれました。
「今度は3人でおいで」と見送られて、お別れです。


テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2010/07/28 10:40 】 | KH バース バイ スリープ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
KH BbS プレイ日記15
レイディアントガーデン(アクア編)
通りすがりのスクルージに、テラについて聞いてみる。
それっぽい人物が、城に向かったというので、早速行ってみます。

マンドレイクがかなり危険。
見かけたらまず、他は放置してそっちに向かい、マグネ系で対処。
再度マグネが使えるようになるまで進まない、でなんとか通り道を乗り切る。

お城の前にいたのは女の子。
ん?もしかしてカイリ?
アンヴァースに囲まれていたので、助けて逃げようとしますが、数が多くてちょっと危ない。
しかし、そこへもう一人のキーブレード使いが登場。
美味しい所に必ず参上?ミッキーです。
彼と協力し合い、アンヴァースを片付けます。
どう協力すればいいのか。
しっかり彼を無視してマグネ系で頑張りました。

倒した後、ミッキーと初対面のご挨拶。
同じ修行の身として頑張ろう、とエール交換をしたと同時に、ミッキーはまた星のカケラで吹っ飛んでいきました。
では、残された光を持つ少女とゆっくりお話を。
やはりこの子はカイリでした。
カイリは助けてくれたお礼にとアクアに持っていた花をプレゼント。
お返しにアクアは彼女がかけていたペンダントに魔法-闇から身を守り彼女を守る光の下へ導く-をかけてあげました。
カイリは迎えに来た祖母に、大昔に起きた光を巡る戦いの話を聞かせて貰いながら、帰って行きました。

こうしてここまでBbSをプレイしてみると、これまでシリーズをやっていない人には、分かりにくくないかなあと思わないでもない。
ああ、これはこのように本編に繋がるのよね、とか。
ということで、いつか出るであろう3に備えて、358/2 Daysもやっておいた方がいいかもしれない、と改めて思いました。
その時までには中身を忘れているかもしれないけど。

カイリと分かれた後、空を見上げると巨大アンヴァースを発見。
追いかけると、今まであった合流イベント後、3度目のトリニティアーマー戦。
他の2人が頑張ってくれるはずなので、とにかくHPに気をつけながら戦う。
が、最後の本体があと1撃というくらいまでに減った所で気付いた。
操作キャラのアクアは安全のためHP回復をしていたのですが、2人の攻撃が当たったはずなのに死なない。
え、もしかしてトドメって自キャラじゃないといけない?
魔法使用で無事終了。

そしてまた例のチケットイベント。
アクアへのマスターからの指示にショックを受けたテラは去って行き、ヴェンはテラを追いかけ、アクアは1人悲しく残されてしまいました。

が、すぐに後を追いかけます。
途中で「分かっている、分かっている」といきなり本の説明をしてくれたマーリンに遭遇。
こっちも分かっているので、お宅訪問をすませてから、先に進みます。

中央広場に着くとヴァニタス登場。
ええ、もう一つボス戦があるの!
心の準備とデッキの準備というものが!
が、たまたまケアルラを2個入れていたのと、マグネを入れていたので助かりました。
マグネは時々当たり、攻撃し放題タイムが。
まだリーフベールを持っていないので、HPが減ったら離れて回復、そしてたまたま入っていたファイラを。
近付いてきたら、とにかく□を連打して、ガード&反撃に備える。
3回ほど、ドキッとさせられましたが、なんとコンティニュー無しでクリア。
つ、疲れたわよ。

ヴァニタスは「お前は予備だ。せいぜい強くなれ」と悪役特有の高笑いとともに去って行きました。
入れ替わりにヴェンが戻って来て、アクアと一緒に行きたいと言いますが、「巻き込まれないように」という配慮から、旅立ちの地に戻るように告げて、お別れ。

ディズニータウン(アクア編)
アクア、華麗にキャプテン・ジャスティスをスルー。
が、相手も負けていない、しっかりアピールです。
そこへ、困っているホーレスが登場。
フルーツボール広場にモンスターが現れたそうです。
が、キャプテン・ジャスティスは、「それは専門外」「他に困っている人が」と行ってしまった。
ということで、アクアがモンスター退治を引き受けることに。

地下の宝箱はグライドか何か、空中移動のスキルを手に入れるまで放置。
さっさと話しかけて、ストーリーを進めます。
今度は「フルーツスキャッター」勝負です。
1回目は1点差で負け、2回目はかなりの点差で勝利。
素直に△ボタンを連打で乗り切りました。
私には立派な反射神経&判断力なぞ無い!

倒すと、人気投票の結果の発表の時が来ました。
優勝は、ヴェン、アクア、テラの3人。
この結果に不満のピートが一騒動。
ミニーがついに衛兵を呼び出し、どこか異空っぽい場所に閉じ込めてしまいました。
閉じ込められたピートに、呼びかけるマレフィセントの声。
なるほど。だから本編でピートは彼女の手下だった訳ですね。

優勝賞品のアイスを貰ってこのワールドは終了。

オリンポスコロシアム(アクア編)
スタート早々、アンヴァースに囲まれます。
うん、フィルが「任せろ」というのはアテにはならん。
優秀なトレーナーではあっても、優秀な戦士ではないようです。
駆けつけたハークと供に一掃戦闘。
今度もマグネラで1人で頑張りました。

さて、このフィルとハークがテラの話をし出しましたよ。
今はいないけど、闘技大会が始まったら来る可能性もあると言われ、アクア素直にエントリーを引き受ける。
で、フィル、あなたはハーク専門ではなかったのかね。
アクアには頼まれもしないのにトレーニングを申し出ていますよ。
アクア、きっぱりお断り。
早速予選に出場です。
おかしい。
テラの時には数回失敗したのに、アクアでは1回失敗しただけ、しかもクリア時はどこもすごく余裕の残り時間。
マグネと魔法であっさりよ。

決勝戦はザックス。
試合前にテラと知り合った事情を聞かせてくれました。
ザックス戦。
レベル上げしようと付けていたストプラにかかりまくりのザックス。
その隙に叩きまくって、コマンドスタイル変化を繰り返しあっさり終了。

終わると、別ブロックの優勝者であるハデスがやってきました。
テラのことを、闇の力に怖じ気着いた、意気地無しとバカにしてくれています。
アクアにも、闇の力への勧誘を行いますが、ここでも、きっぱりお断り。

一度戻って、戦いに備えます。
会場に戻ると卑怯なハデスは助っ人を用意。
ならばとザックスが加勢を申し出ますが、1人でいいと、お断り。
アクアさん、いつでも断り方が男前です。
ハデス&アイスコロッソス戦。
まずはアイスコロッソスから。
クラッカーファイガとエリアルスラムとソニックレイヴの連打であっさり撃沈。
ハデスの回転しながらの炎攻撃は、遠くに離れるか、ホイールロールで回避。
赤くなったら攻撃が効かなくなるのは、今回も同じ。
青くなるのを待って、リアルスラムとソニックレイヴの連打でこれまたあっさり終了。
なんか急に敵が弱くなったぞ。

倒した後は、ザックス的お約束の「デート1回」を申し込まれて、うろたえるアクアの姿が。
とりあえず、ザックスが英雄になる日までお預け、ということで。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

【2010/07/27 08:30 】 | KH バース バイ スリープ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ