ダージュオブケルベロス プレイ日記12

最終章 オメガとカオス
ヴァイスを倒したけれども、オメガ出現は阻止できませんでした。
ヴィンセントもカオスとして覚醒してしまいました。
それを見たシェルクはオメガの中にセンシティブ・ネット・ダイブを試みます。
そして、ルクレツィアからエンシェントマテリアを受け取り、ヴィンセントの胸へ押し込めます。
そして、過去イベント。
ヴィンセントを助けるために必死になっているルクレツィア。
しかし、助けるはずなのに、カオスになってしまったのを見て衝撃を受けてしまいます。
次は宝条に向かって「返して、あの子を返して」「ねぇ会わせてよ!」のシーンです。
「研究はどうしたんだ?」と聞かれ、動揺して「知らない!」を連呼していました。
そして、カプセル前に座り込んで「ごめんなさい。もうダメみたい。心も身体も…」
と続きます。
この辺のイベント、なんかイヤだなぁ。
子供より好意を持つ相手を優先したという感じがして。
いや、そういう選択もあるだろうけど。
でも、その後のセフィロスのことを思うとね…。

イベントが終わるとカオスの姿となって、オメガの元へ向かうこととなります。
しかも武器はデスペナルティを持っているよ。
強力です。出てくる雑魚を一撃で倒せます。しかも近くにいる奴も一緒に。
アルテマウェポンはこれに比べると弱いです。なんか悲しい。
建物の頂上に着くとイベント。
仲間達が魔こう炉を破壊しています。
クラウドも出てくるよ。(結局、彼は4回ぐらいしか出てこないです。その内1回は声のみだし)
そして、「仕方がない、世界を救うとするか」と言ってオメガ体内を目指します。
このセリフ、格好いいのだろうか?

体内ではアマラ深界のカルパへのワープゾーンを思い出しました…。
通路を攻撃しながら移動と言うところしか似てないのに。
あ、Gacktの曲が流れてました。
中の敵を全て倒すと外側へ。今度は上に向かって移動。

そして戦績表示。ランクはSです。非常に簡単だったからね。
ポイントはレベル上げに。レベル31になりました。

最終章 混沌なる終わりに光あれ
6個ぐらいあるクリスタルフィーラーと戦闘です。
う~ん、戦闘と言っていいのかしら。
別に何もしてこないもん。動かないし。
雑魚も出てくるので、ダメージは受けます。
開いたり閉じたりするので、開いたときに格闘で壊すだけです。

次はオメガコクーンです。
これまた動かず、何もしてこず。
銃で攻撃するだけ。

そして、オメガヴァイスとラストバトルです。
名前の通り、オメガとヴァイスが合体しています。
時々ヴァイスが飛んできて攻撃してきます。
最後なので、景気よくアイテム使います。
一度火の玉?を当てられ大ダメージを受けました。
HPがかなり危なかったです。

倒すと戦績画面。
プレイ時間は13時間ちょっと。総合戦績はBでした。(ステージ戦績はAとSしかないのにこうなるんだ…)

そしてエンディングです。
シェルクが柔らかい表情になっています。
それと1シーンだけレッド13が出てきました。
映像はさすが綺麗でしたよ。

THE ENDが出てもなかなか画面切り替わらないのですよ。
ちゃんとGレポート集めたのに。
PS2はロード中の音を立てているので大丈夫だろうとは思っていたのですが、心配になってしまいました。
そしてムービー。
う~ん。う~ん。
私にはちょっと微妙でした。
続きを匂わせるような事を言ったのは気になりましたが。

クリアすると集めたメモリーカプセルに応じてムービーが見ることが出来ます。
この機能、キングダムハーツ2にも欲しかったです。

イージーだけあって、問題なくクリア出来ました。
でもノーマルで再挑戦しようと言う気持ちにはなれません。
(今のレベルで再スタート出来るならともかく)
1回のプレイで満足です。

ダージュオブケルベロス プレイ日記11

第11章~始まりの魔晄炉~
場面変わって、どこかの施設です。
シェルクは装置に入って回復中。
ユフィは魔こう炉を破壊しに行きました。
はい。また過去イベントです。
ふむふむ、二人がハッピーエンドにならなかったのはそういう訳なのですね。
(一応伏せてみました)
そして、お懐かしいの「じゃあ、私の元へ来てくれるんだね」と宝条とルクレツィアの抱擁シーン。
一転。
ヴィンセントが先に進もうとするとシェルクが呼び止めます。
「何のために戦うのですか?」
答えると奥を目指して進んでいきます。

零番魔晄炉に突入します。
入ると3度も「ガーゴイルを倒せ!」ミッションがありました。
他にモンスターはいないの??
進むと「中央の敵を殲滅せよ!」が発生。
バリア持ちがいるので、上にあるドラム缶を落とし、それを攻撃すればいいとはわかるのですけど、ドラム缶に照準が行かない!!横にいる敵に照準が勝手に合う!
こういうところがイージーの困るところです。
全滅させて先に進みます。

ドラゴンフライヤーPTとのボス戦。
ガーゴイルも出てきます。
ガーゴイルを片付けた後ドラゴンフライヤーPTを攻撃していたら、足下で音がするので見たら警備メカも出ていました。
ドラゴンフライヤーPTはアルテマウェポンを使えばあっという間です。
イベント戦闘も同然。

倒して先に進むとユフィが待ち受けていました。
二人で奥へ行くとそこにはヴァイスがいました。
しかし、ヴァイスは眠っていました。
そこへネロがやって来て「間もなく目覚めます。カオスを宿したあなたと同じように」と言うと、オメガが目覚めかかります。
二人が攻撃しようとすると「兄さんに触るな!」とネロが二人を闇の中へ。
もちろんまたヴィンセントがユフィを助けて闇の外へ脱出です。

「兄さんの目覚めは邪魔させない」
ネロ・ラフレアと戦闘になります。
高いところにいるので、銃で攻撃するしかないのにダメージが与えられません。
周囲を回りながら攻撃。すると攻撃が効く場所があったのでそこで乱射。
時々バリアを張りますが、そのまま攻撃していたら壊れました。
攻撃が当たり始めたら、あっさり撃沈です。
今度はネロ・ウィングシューターと戦闘です。
ワープするので、居場所を見つけるのに手間取りました。
こちらが動ける範囲は非常に狭く隠れるところも無いので、ダメージ受け放題でした。
でもイージーだと問題なし。回復しなくても倒せました。

倒すとネロは兄さんの元へ向かいます。
すると閃光が。
ヴィンセントも駆けつけると、ヴァイス兄さんの復活です。
そして、この後のイベント!!!
(ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻
こんな気持ちです。
あり?そんなのあり?

そして、純白の帝王ヴァイスと戦闘となります。
ダメージを与えてもHPが減らないので、「どうしよう。攻略サイトみようかな」と思ったら、ここは負けるところでした。
ヴァイスにやられ、伏せているとカオスに変身してしまいます。
その姿で攻撃しても「力押しではどうにもならんよ」と突き飛ばされます。
そんな時、またまたシェルク≒ルクレツィアからメッセージが「カオスに使われるのではなく、あなたがカオスを使うのよ!」
すると今度は攻撃が可能となります。
オメガの力宿りしヴァイスと戦闘です。
攻撃が効くようになると、雑魚です。
可能な限り避けながら銃を撃ちまくれば、あっさりです。
(イージーでよかった…)

戦績はS。

ダージュオブケルベロス プレイ日記10

第10章~深き神羅の闇~続き
中断ファイルから。
目的地に向かい進んでいる途中、右の方にある部屋へ行くと「ミッション 撃破数100を目指せ!」が起きました。
ここが、アルテマウェポンを作るための資金稼ぎアイテムがもらえるところなのね。
攻撃は1階から。魔こうポイントもあるので、HPが減ったらリミットブレイクで回復。
1階で出てくる敵は魔こうポイントの所に逃げ込んで、そこからチクチク攻撃。
バリアを張る敵は仕方がないので、出て格闘。
こいつが鬱陶しいです。格闘するため近づくと逃げるし、撃ってくるし。
100体目を倒すと金のモーグリ人形を落とします。
これを売ると35000ギルになります。
実はアルテマウェポンの入手方法は攻略サイトで見てしまっていました。
それ以来、銃の改造はケルベロス3,ヒドラ3,グリフォン2に留め、バレルも2,3で止めておきました。
落ちているアイテムも売りまくったし。
現在「金のおもちゃの銃」まで改造し、140000ぐらいは持っていたので、このミッションを2回やるだけですみました。

そしてショップで改造。わ~い。アルテマウェポンの出来上がり!
これで心おきなく先に進めます。

最深部では漆黒の闇ネロと戦闘となります。
彼はヴァイスの弟らしいですよ。兄さん、兄さんってちょっとうるさいです。
ツヴィエートのメンバーですが、ロッソ、アスールに比べると凄く弱いです。
あちこち飛び回って、分身するのが面倒ですが、当たるとあっという間にHPが減っていきます。
イージー&アルテマウェポンのお陰でしょう。

戦闘終了後、ネロによって闇に閉じこめられます。
そこにはシェルクがいました。
シェルクは出られずにいたようですが、ヴィンセントはあっさりとシェルクとともに脱出してしまいます。
もう一度、なにかをしようとした所にユフィがやって来て邪魔をします。
ネロは「兄さんが呼んでいる」とあっさり去ってしまいました。

そして戦績。わ、初めてSランク!これもアルテマウェポンのお陰?
その他の成績の所に「敵を素早く殲滅せよ!」0/4とありました。
あれ?そんなミッションあった??
もうお金はいらないので、ポイントはレベル上げに。

ダージュオブケルベロス プレイ日記9

第10章~深き神羅の闇~
ルクレツィアと宝条の会話イベント。
宝条がルクレツィアの研究室に入って来ます。
「来ないで!」と拒絶するルクレツィア。
それを無視して入り込み、水槽?に入れられているヴィンセントとモニターのデータを見て「実験か。死んでからも惚れた女の役に立って、嬉しかろう」とねちっこい口調で言う宝条。
もう、彼にはあんまり出て欲しくない。セフィロスパパがあまりにも変な奴過ぎるのも悲しい。
「実験なんかじゃない」とルクレツィアは否定しますが、実験という感も否めない。
もちろん助けたい気持ちもあるのでしょうけど、本人の意志を無視しているというのが気になります。
ところで、この二人の会話を見るととても恋人とは思えないのですけど。
セフィロスができた頃には、もう険悪になっていたのでしょうか。

で、ヴィンセントです。
「零番魔晄炉を目指せ!」です。
最初はガーゴイルを8体片付けないといけないらしいです。
あちこち飛び回るのでどこにいるのか見つけにくいです。
最後の1匹が見つからない。
やっと見つけるとカードキーを持った敵がやって来ますので、そいつを倒して先に進みます。
次は部屋に閉じこめられてしまいます。
そこへ敵がやって来て「ズィーガー ヴァイス!」と整列して言います。
雑魚の分際でいちいちうるさい!
バリアを張り銃が効かないので格闘で攻撃。
倒すとカードキーを落とすので、それで先に進みます。

先に進むと乗り物(列車?トロッコ?)に乗り移動。
すると「ミッション 追撃部隊を撃破せよ!」です。
動くから狙いにくいです。イージーでよかった。大まかな照準で当たるから。
でも非常に疲れました。

列車から降りて先に進むとイベント。
またカオスの制御が外れかかります。
どこかに封じられたシェルクからの呼び声がします。
で、またルクレツィアね。
「ここがカオスが生まれ出る場所なのですね、グリモア博士!」
と現在彼女が寝ている場所へ二人でやって来ます。
ところで、グリモア博士って誰?
研究室で熱心に実験をするルクレツィアの元へグリモア博士がやってきます。
水槽の中に黒いもや?が入っています。
二人で見ながら話していると水槽中に異変が。
中からもやが出てきてグリモア博士の右手に宿ったように見えます。
場面転換してグリモア博士が死ぬシーン。
(ここで重要なことが分かりますが、一応ふせとておきます)
今度はシェルク。
姉さんとの思い出シーン。
現実に戻るとかなりピンチな状況ですが、「どうせ消えていくだけ」と冷静です。

そして、ヴィンセント操作へ戻ります。
この後しばらく道なりに進んでいくだけ。
一部の場所で敵の数が多くて辛いかったです。

室内の通路っぽいところに地雷地帯があったり、浮遊地雷があったり、爆発するドラム缶地帯があったり移動に注意しないといけないところがありました。
地雷になかなか弾を当てられない…。
ドラム缶は前転で進むとダメージを受けませんでした。
次のマップにはいると「急いで脱出しなければ」というセリフと共に残り時間が表示されます。
でも出口、真横なんですよね。
数秒しかかからない。
ここで、時間内に何かしないといけなかったのかな?
ま、あまり気にしないでおこう。
ここまでを書くと短いですが、意外に時間がかかっています。
疲れてしまったので、今日はここで中断です。

ダージュオブケルベロス プレイ日記8

第9章~栄枯盛衰、神羅ビル~
いよいよディープグラウンドへ乗り込みますよ。
いちいちフルネームで呼ばなくても。{/face_ase1/}
シェルクが連絡をしてきます。そして「ディープグラウンドの入口は神羅ビルにある」と教えてくれます。

会話中、カオスの制御が困難になり苦しむヴィンセント。
するとまたルクレツィアのイベント。
ここのルクレツィアはシェルクのデータからの再現っぽいようですが、何故本人の姿まで見えるのでしょう?よく分からない。
それにルクレツィアさん「ごめんなさい」を連呼されると誠意を感じなくなってくるのですけど。
「きっとあなたなら~」と言われてもなぁ。
男の人なら好きな女性に改造されるのは嬉しいのかな?
私はレザードに人体実験にはされたくないよ。(下の記事「ぴったりバトン」参考にしてね)
シェルク≒ルクレツィアと会話中、突然電話が切れます。
シエラ号で何かあったようです。
シドが「大して損傷は受けてないはずなのになんでだ」と言うのを聞いて、「私が様子を見てきましょう」とシェルクが言い出します。
ヴィンセント、リーブに次いでシドまでに「頼むぜ」と言われて、ちょっと固まり気味のシェルク。
機関室に行ってみるとそこには漆黒の闇ネロが。(絶対その格好じゃ喋りにくいって!)
武器を取るシェルク。
で、どうなったのよ!
ここで場面はヴィンセントに変わってしまいます。

「ディープグラウンドを目指せ!」
懐かしの神羅ビルをウロウロ。
途中でブラック・ウィドーTW2体とのボス戦闘がありましたが弱かったです。(これもイージーのたまものなのでしょう)

先に進むと、ミッション「ディープグラウンドに関する資料を回収せよ!」が発生します。で、何でかここのマップは表示されません。
一本道だから迷うことはないけどさ。
途中の通路で電話がかかってきました。
ティファからでした。でもバレットがほとんど喋ってました。
更にクラウドに交代。
クラウド側からの映像が欲しかった…。
そして、表示されていなかった部分のマップを送ってくれました。
「死ぬなよ、ヴィンセント」と言うくらいなら、手伝いに来~い!!

エレベーターに乗ると「エレベーター監視機雷を破壊せよ!」が発生です。 
ふわふわ飛ぶから狙いにくかったです。

地下に着くと「蒼きアスール イークイップ2」と戦闘です。
このアスールは銃が効きますので、あっさり倒せます。
で、これで終わりではないのですよ。
「真・アスール」と戦闘です。
今度は銃が効きません。ドラム缶もありません。
しかも蹴られ放題。
どうにか抜け出してリミットブレイクして格闘で戦いました。
近くに置いてある得体のしれない物をアスールが踏むと魔こうポイントになりますので、MPには不自由しませんでした。

これで9章終了。かなり短かったです。
戦績はAでした。今回はレベル上げ。