ワイルドアームズ2 プレイ日記9

背塔螺旋
フォトスフィアを取ったら一度帰還。

遺され島 地下室
デュプリケイタ-がいる宝箱が合計7個。
1個はボスの後ろにあります。
このボスに会う為にはフォトスフィアが必要。
ボスのガトルオーグは物理攻撃が効かないので、リルカとティムの魔法で攻撃。
2回ステータス異常攻撃をされましたが、攻撃自体はそこまで強力では無く、地道に戦うと言った様相でした。

強力な「まおうアンゴルモア」「ラギュ・オ・ラギュラ」は今回は無視。
しかし、今の状態で倒せる分ぐらいは、と封印柱のボス巡り。

・タイタニアス
パワーシールでHP回復を防いだら、あとはもう弱点属性で攻撃するだけ。

・ザヴォーグ
ひたすら防御力を上げて、その後、攻撃力を上げるので、ほとんど攻撃はしてこないも同然。
ただし、あまり使って来ない攻撃で、「渾身の一撃」(単体)が使われたら確実に倒れます。
物理しか効かないので、アシュレー、ブラッド、カノンで闇のリングを付けて攻撃。
回復はアイテムで。

・コバルトキング
かなりの確率で眠ってくれるので(寝るのは2ターン)、マリアベルがスリープを使い、寝たら物理攻撃キャラと交代。
起きたら入れ替え。
何回か1度で効かず、その間に「手加減知らず」で倒れるキャラがいましたが、眠れば立て直しがきくので、なんとか倒せました。

.ゾリンガ
即死攻撃「八つ裂きブーメラン」対策が必要。
それさえ出来れば、レベル50ぐらいで、まあなんとなかなります。
「ブレードアーム」でティムが倒れてましたが。

・ザイクルス&ゼットリム
敵が2体いる内は、回復役1人ではちょっと厳しかったですね。
回復役のティムには防御重視でみずのリングを、攻撃役のアシュレー、ブラッドには弱点属性のかみなりのリングを装備させました。
1体になれば、勝利は目前。

・ゼペリオン
4度目の正直で撃破出来ました。
リアルラックが必要でしたね。
1ターン目は、どうも必ずシールドっぽいので、ひかりのリング装備のマリアベルがスリープ、アシュレーとブラッドがやみのリング装備で攻撃。
ここで運良く寝たら、マリアベルとカノンが交代。
だめだったら、攻撃役は回復役2人ティムとリルカ(ともにひかりのリング装備)と入れ替え、スリープが効くまで頑張る。
効いたら攻撃役3人組と交代。
これの繰り返し。
ターンの途中で起きる事は無いので、入力前にじっと画面をみるのが大事。
あと後半になると、ライフリターナーで8500も回復するので、すぐに寝てくれることを祈る。
ゼペリオンレイフォースは防御していないと2回は耐えられないので、マリアベルが倒れたら詰みます。
「はら」を壊さないで本体のみを狙えば、もっと簡単だったのかも。

残り2体とプルコギドンは、今回はおさらば。

背塔螺旋
隠しボスを倒した後では、ここのボス2体は、もう全く問題無し。
先に出てくるクローダインを倒すとセーブポイント出現。
ここまでの仕掛けは、ミストクロークを使って、工夫して移動するのが多いです。
フォトスフィアを拾った次の階がちょっと面倒。
勢い余って落っこちると最初からだし。

この先は、強制的に戦闘をしないといけないことが多くなります。
壁と接触して戦闘をするか、その上を歩くか、という仕掛けになります。
最下層でマニフェストゥと戦闘。

これを倒すと最後のダンジョン
グラブ・ル・ガブル
ここまで繋がっているので、一度来たら引き返したくないですね。
今時のゲームなら、ここから地上に脱出するアイテムなり往き来用のワープポイントなり用意してくれそうですが、この頃はそんな親切さはない。
紫色の柱をくるくる回転させて、仕掛けを解きます。
セーブポイントから先からは、エンディングまで一直線。
エンディングが今時から考えると非常に長いので、時間があるときにやりましょう。
別働隊3人を用意。
戦闘力でブラッド、カノン、リルカを選択。
それぞれ1人で、ファーストルート、セカンドルート、サードルートを倒します。
残りHPにさえ注意していたら、大丈夫でした。
残りメンバーでカイバーベルト・コアと戦闘。
回復役のティムに完全なるライブラを装備させておきます。
ティムは毎ターン回復。
あとは適当に攻撃していれば大丈夫。

倒して帰還している途中で、ついにアシュレー内のロードブレイザーが完全に目覚め、彼の世界にアシュレーは引き込まれました。
ここは、ほぼイベント戦闘。(BGMが熱い!)
アークインパルスを使用する度にイベントを見て、マリナの分まで見たら撃破。
そして、長いエンディングへ。

クリア後セーブできるけれど、怪獣アルバムやムービーを見られるだけで、ラストダンジョンから再開や、強くてコンティニューだの引き継いでコンティニューだのはないので、クリア後の思い出という感じ。

久しぶりにワイルドアームズ2をプレイしましたが、うーん、今やるとテンポが悪いなあと思います。
戦闘の演出が一々長い。(キャラの動きがあるターン制のゲームを最近やっていなかったせいもあるけれど)
そして、セーブ出来るチャンスが今ほど頻繁にない。
今ならフィールド上では自由に出来るよね。
でも、それなりに楽しめましたよ。

なので、まだPS時代のゲームをやるシリーズは続きます。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

ワイルドアームズ2 プレイ日記8

絶対幸運圏
セボック村のメリルにブラッドで話しかけることで、見つけられるようになります。
扉の鍵は、ダンジョン内に出てくるモンスターから盗む必要があります。
1個あれば大丈夫でした。
最後の扉は運がBESTのキャラで。
ちょうど1人いたので、「ちいさなはな」を使わずにすみましたよ。
ガーディアン、ゲット。

マリアベルが仲間になったので、「雷音の檻」のエレキテルの仕掛けを解きにいきました。

レイポイント・ウイング
ストーリーに戻って、レイポイント攻略。
ここはティムのグッズを使って、仕掛けを解いていきます。
途中で、ナイト・オブ・ウィングとの戦闘。
属性攻撃はミラーコートで無効にされるので、物理でがんばる。
しかし、せっかくアクセスで変身しても、その頃にはもうほとんどHPが残っていない、ということが多いなあ。
この先の仕掛けでちょっと悩む。
北西の方は、視点をしっかり変更しなかったので、壁側の隙間が通れることになかなか気付けませんでした。
頭が固くなっているよ。
最深部でスピリチュアル・オブ・ウィングに会って、レイポイントを開放します。

ミストクロークを手に入れたので、アークハイムとゲートブリッジで取れなかったアイテムを回収。
その後、メリアブールの城に行ってマリアベルで読書。
すると
約束のカタコンベ
ここのサーチが可能になります。
足場が見えない場所の移動で何度も失敗。
失敗して落っこちても、いつものようにマップに入った所からではなく、ネジを使用した所からなので安心。
デュプリケータ-を使用してガーディアンを手に入れ、奥の部屋に行くとマリアベルのイベントが開始。
終わると自動で外へ。

マンガゼンマイを手に入れたので、ロストガーデンでアイテム回収。

レイポイント・フレイ
今度はリルカのグッズを使って仕掛けを解いていきます。
時間制限内に演習場の8個の台に火を点すのが難しかったです。
斜めにさっと向きを変えられない。
途中にいる中ボスのナイトは全部属性違いなだけ。物理で頑張るしかない。
スピリチュアル・オブ・フレイのところでリルカのイベントを見たら、自動で外へ。

レイポイント・ジオ
今回はブラッドのグッズを使います。
アースシェイカーもボムも、使用後に時間制限内に移動というパターンが多くて、ちょっぴり難しかったです。

レイポイント・ミューズ
まずゲートブリッジのコントロールパネルで、ゲートの開放をします。
これで内海に行けるようになるのでホバークラフトで移動。
中の仕掛けの前半はティムのグッズ、ナイトを倒してから後はカノンのグッズの出番です。
一番最初の落とし穴が気付きにくいですが、それ以外は簡単な仕掛け。

ストーリーは小難しい話になってくるので、もう略。
トラペゾヘドロン
ワープ、ワープでボスの下に向かいます。
戦闘のテンポがちょっと悪くて、だんだん辛くなってきたので、ちょっと前から攻略本を発掘してさっさとクリアすることにしましたよ。
あと、今時と違って自由にセーブが出来ないのも辛い。
手軽にプレイができないのが、据え置き機の問題点よね。
ボスのラルヴァは、ステータス異常攻撃をしてくるのがやっかい、とあったので、マリアベルにステータスロックを使用させて防御。
あ、マリアベルは、仲間になってすぐある程度の魔法は覚えさせておきましたよ。
(なかなか出てこない敵は諦めた)

狂熱の骸
倒さなくても良いボスがいます。
床に刺さった剣に触れるとヴィンスフェルトの残留思念であるゴーストと戦闘。
ティムがヴィンスフェルトの攻撃に耐えられるならば、ターンアンデットを使って一撃死させることができます。
メインパネルを復活させ、残ったデータを見ると、オデッサの資金源にアーヴィングの名前を見つけてびっくり。
そんな所に、アーヴィングとアルテイシアが、シャトーから姿を消したという連絡が。
アーヴィングの書き置きを読み、彼なりの思いでファルガイアを愛し、この危機に対して行動を示したようです。
アーヴィングの最後の命令に従い、最後の舞台へ。

で、ここで科学大迫力研究所に行ったのですが、プルコギドン、強かったよ!
こんなに強かったっけ?
わざわざのレベル上げが必要なら、もう今回はパス。

ワイルドアームズ2 プレイ日記7

ヘイムダル・ガッツォー
乗務員は一体どうしているのか、とツッコミを入れたい構造。
ワープの仕掛けがやっかいです。
ついにオデッサの首魁ヴィンスフェルトと直接対決。
運が良かったのか、ティムで毎ターン回復していたら余裕でした。
こんなものだったっけ?
ヴィンスフェルト戦後、脱出イベント。
アシュレー以外で救命装置まで向かいます。
今回の仕掛けはちょっと複雑。
1人ずつ行動する4人を、仕掛けごとにキャラを切り替えて進んで行くことになります。
敵が出てこないので、安心して迷える。
4人が無事脱出した所で、アシュレー1人でヴィンスフェルトと戦闘。
こちらは何も補助魔法を使っていないのに、ヴォイドエフェクトを多用してくれるので、1回目より楽ちんです。
倒して宇宙に行ってしまった所で、DISC1終了。

記憶の遺跡
アシュレーが辿り着いたのは、あの世とこの世の境、アナスタシアのいる世界。
剣の聖女アナスタシアと出会ったアシュレーは、彼女とガーディアン・ルシエドと共にファルガイアに戻るために遺跡で彼女の記憶を辿ります。
アナスタシアもルシエドもアシュレーと同じレベルなのが、納得出来ない。
遺跡内では過去のマリアベルと出会い、ある約束をします。
そうか、だからマリアベルはアシュレーのことを知っていたのか。いやあ、すっかり忘れていたわ。
ファルガイアへ繋がる光を発見した所で、現実世界の仲間の方へ。

ヘイムダル・ガッツォーから次のミレニアムパズルまで、買い物のチャンス一切無し。
今時の親切設計に慣れすぎた身には、ドキドキもの。

ミレニアムパズル
異空間のアシュレーの生存が確認され、サルベージするためにミレニアムパズルへ。
そういえば、昔、リルカの最初のミレニアムパズルでモンスターを取りこぼし、図鑑を完成できなかったのを思い出した。
今回は、さくっとクリアするつもりだから気にしないけれど、ミレニアムパズルは2度と行けないのでコンプするときには注意が必要。
以前の失敗ですっかり気後れしていたリルカは、今回も最後の仕掛けで失敗。
とりあえず撤退します。
アシュレーは自力で生還。

アシュレーがいない間にファルガイアでは大変なことになっていました。
原因を探る為、バスカーの長老の元を訪ね、ガーディアンと接触できる場所を教えて貰いました。

生け贄の祭壇
ここの段差から飛び降りてスイッチだけは覚えていました。
3つの隠し部屋の仕掛けはさっぱりだったけれど。(カンニングした)
最深部でガーディアン・ガイアと会話。
今、ファルガイアで何が起きているかを教えてくれましたが、この危機を乗り越える為には、柱が生贄になる必要があるという非情の選択をも促してきます。
しかし、それをティムは拒絶。ティムが納得の出来る道を探します。

ルルドの泉
聖女の血脈からロードブレイザーの情報を探してみるということで、カノンへの試練。
ここデュプリケータ-が置いてある部屋だけ、探しにくいのですよね。
全ての仕掛けを解き、ロードブレイザーの実態について知った所で、帰還。
するとヴァレリアシャトーからマリナが誘拐されたと連絡。

ロストガーデン
生き延びていたカイーナが復讐の為マリナを攫ったようです。
カイーナの魔鍵の力で封じられた扉の仕掛けを解く為に、各階で1人置き去り。
各階、色ブロックを使った仕掛けがあります。乗る順番が大事。
最後はオーバーナイトブレザーの姿になったアシュレー1人で戦闘。
イベント戦闘並みに余裕の戦いです。

マリナを助け出すことは出来たものの、ナイトブレーザーの事は何も告げていなかった為、すれ違う2人。
そんな中、ついにヴィンスフェルトの最後っ屁の魔方陣が発動。
核ドラゴンの襲来が予想されます。

ヴァレリアシャトー
核ドラゴンをギルドクラードのエネルギーを使って誘き寄せ、そこで迎撃。
アシュレーはロードブレイザーへの影響を考え、待機を命じられます。
まずはアシュレー以外のメンバーで戦闘。
しかし、いくら攻撃しても倒せそうにありません。
それを見ていたアシュレーは自身を省みずロードブレイザーの姿で戦いに向かいます。
ドラゴンを倒しましたが、アシュレーの体はロードブレイザーの意識にほとんど飲まれてしまいましたが、マリナの訴えかけに自身を取り戻しました。
戦闘自体は、どちらもHPの回復にさえ注意していれば心配なし。
隠しボスクラスにならないと、苦労することは無かったよね、確か。

眠れる火山
まだいるはずのドラゴンに力を借りよう、ということで伝説のロンバルディアの元へ。
お約束の、力試し戦闘をすませて、力を借りられることになりました。
これでやっと、ほぼ自由に世界に降り立てるようになります。
本道の零ポイント巡りの前に寄り道。

ノーブルレッド城
マリアベルを仲間にしにいきました。
そういえば、いつの間に帰ったのですかね。

空の贈り物
ガーディアンのお迎え。

魔狼洞
ルシエドのお迎え。
この段階では、暗闇でマップが見えませんが、まあなんとかなります。
注意して、壊せる壁を見つける必要があります。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

ワイルドアームズ2 プレイ日記6

閉ざされた坑道→ホルスト
ホルストで情報を得て、坑道へ。
仕掛け自体は、難しくありません。火薬の導線を守るように、パイプの水を止めるだけ。
数カ所、視点を変えても見にくい場所があったくらい。
最深部で、またまたカノンと戦闘。
今度は、ティムが経験値を稼ぎ損ないました。
意外に攻撃力あるのよね。
カノンも結局、オデッサに利用されただけで、ジュデッカにまとめて片付けられそうになり、カノンを助けて脱出。
ホルソトに自動で戻ってイベント後、町を襲って来たジュデッカとカノンの戦闘まで、ずっと自動で続きます。
負けたらカノン戦からやり直しだよ。
もっとも、こういう時の戦闘は、HP回復をケチらない限り負けることはないけれど。
戦闘後、治療を受けヴァレリアシャトーに来たカノンは、アシュレーを見張るという名目でARMS入り。

百眼の柩
アルケミックプラントに繋がる施設発見。
ダンジョンの仕掛け自体は難しくないですが、部屋の出入り口の関係上ちょっと移動が複雑。
ボスは、またまたトカさんとゲーさん。
彼らもまだ故郷に帰れないのね。
相変わらずトカさんの援護は援護になっていない。
そして、ゲーさんは相変わらず攻撃力が高いです。
この施設、大事な情報が簡単に視ることが出来ます。
今時なら、セキュリティ対策がなっていない、と怒られるでしょうね。
空中要塞ヘイムダル・ガッツォーとそれを維持している魔界柱の存在を知ることができます。
しかし、一行がこの施設内にいることを知られ、施設ごと攻撃されそうになると、死んだと思われていたブラッドが要塞へ攻撃を加え撃退。
再会の喜びもそこそこに魔界柱の破壊に向かいます。

廃都アークハイム、ライブリフレクター→魔界柱セクト・ジュデッカ
アークハイムの中の仕掛けを解いて、ライブリフレクターを起動させ、転移先からセクト・ジュデッカと移動にちょっと手間がかかります。
セクト・ジュデッカ内の仕掛けは、単純だけど3度目は非常に操作が忙しく失敗続き。
コース状を動く床に乗って、機雷を避けながらゴールを目指します。
3度目の終盤はころころ方角が変わるので、さっさと判断して、床上を移動しないといけません。
無事ゴールに着いたときには全員HPが1になっていました…。
中ボスもボスもHPに注意していたら問題無し。
仕掛けの方がずっと辛い。

魔界柱セクト・アンテノーラ
ダンジョンの造りはジュデッカの所と同じ一本道。
仕掛けのみが変更。
一筆書きのように移動したり、指定通りに移動したり。
3度目の仕掛けはノーヒントなので、設置の順番通りにファイアロッドを打って、正解の回になるのを待つしかない。
中ボスはHPに気をつけるだけ。
アンテノーラの状態異常攻撃が今回は1度きりだったので楽勝でした。

魔界柱セクト・カイーナ
こちらも造りは同じで、光るブロックにナイフやロッドを当てる仕掛けとなっています。
当たりとハズレが一緒になって回転しているタイプのが一番苦労しました。
数回間違えると最初から何だもん。
中ボス、カイーナともにステータス異常をしてきますが、寝てしまったキャラを入れ替える以外は放っておきました。
5人いると、なんとかなるものね。

魔界柱セクト・トロメア
ここの仕掛けが一番単純、迫り来るブロックを爆破すればいいだけ。
ブロックのほんのちょっと手前に爆弾を仕掛けてから近づけると楽。
中ボスの攻撃が強力でピンチ。
お金に余裕があったら、属性のリングが欲しい所。
魔法で頑張りました。
ボスのトロメアは単純に物理攻撃。強力だけど。
ティムで毎ターン回復していれば心配なし。

これで空中要塞を攻略する手はずが整いました。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

ワイルドアームズ2 プレイ日記5

グリーンヘル、セボック村
ブラッドが逃走した時と逆のルートでセボック村へ。
ブラッドは、以前助けてくれた女の子、また逃走をともにした犬(デフォルト名にしていたら、全く名前を覚えていなかった)との再会に加え、死んだと思っていた親友(ただし記憶喪失)と再会。
オデッサの行方の手がかりを掴んで、ホバークラフトで西へ。

クアトリー
女性の渡り鳥・カノンにいきなり「凶祓」の手伝いを頼まれます。
もっとも「頼む」というような低姿勢ではありませんでしたが。
しかも、こちらはカノンのことを知らないのに、カノンはアシュレーを知っているという不審さたっぷり、しかも急いでいるはずにも関わらず、手伝いをすることに。

スレイハイム城
「凶祓」を行うこの城はブラッドに因縁のある場所。
カノンが来る前に城内を調べると、回想シーンが入ります。
全ての部屋を見て、入り口に戻るとカノンの襲撃。
アシュレーの中にいる「魔」がどうの、と問答無用。
アシュレーの中身が問題なら、そっちだけを狙ってくれ。
どうしてHPがピンチのリルカを攻撃する!
この後のボス戦でもどういうわけか、リルカが狙われて、最後のターンで倒れて経験値を貰い損なう、が続きます。
なんでだ。

アルケミックプラント
今度こそオデッサを追いかけます。
途中で機械操作の為にブラッド離脱。
魔法系キャラ2人と進まないといけませんので、戦闘は○ボタン連打という訳にはいかなくなりましたよ。
ちょっと面倒な仕掛けを解いて、奥に進むとアンテノーラと戦闘。
またまたリルカが狙われまくり、倒れたまま戦闘終了してしまいました。
あとステータス異常も景気よくかかっていた。
戦闘後、ブラッドがしばらく離脱することになるイベント。
しかし、どうやって助かったんだっけ。さっぱり覚えていないよ。
アシュレーは「信じている」とブラッドを見送っておきながら、結構あっさりブラッドの死を認めているのに、ちょっと微妙な気持ちになります。
ブラッドの死を悼むまもなく次の任務。ギルドクラード代表の子息の護衛任務です。

エミュレーターゾーン
ウラルトゥステーションで、待ち合わせ。
昔は、さして気にならなかったアシュレーの言葉遣いが気になる。
これが年を取ると言うことか。ち
予想通りオデッサの襲撃。
ただし「素直に銃で襲ってくる」ではなく、わざわざの異空間送り。
資金を気にしている割りには大がかりなことをやって来ます。

異空間から脱出する為に、ジェネレイターを破壊するのですが、そこに辿り着くのが面倒。
ワープ床苦手。
ジェネレイターを破壊して脱出しようとすると、カノンの襲撃。
自分の血筋の使命の為なら、テロリストと協力関係になっても良いというのは、どうなんでしょう。
その血筋って、世界を救った剣の聖女だよね!いいのか?
今度はリルカも無事生き抜いて撃破。
脱出時間にカウントがありますが、余裕で列車まで戻れます。
列車自体の脱出がギリギリで、貨物部分を切り捨ててしまいましたが、無事護衛は出来ました。

ギルドグラード
本当に護衛したかったのは、息子では無く、貨物部分にあったロストテクノロジーの武器。
オデッサに奪われてしまったので、取り戻さないといけません。

が、暢気に寄り道。
光り射す庭
ギルドグラードの宿屋の前にいる女性から教えてて貰ったダンジョン。
仕掛けは単純で短いので、ミーディアムはあっさり取れます。

昏き理
それに引き替え、こちらのダンジョンときたら!
仕掛け自体は単純でも、操作が不器用な人間には厳しい。
時間がたつと足場が壊れる。
道は真っ直ぐではない。
これらのせいで、2,3エリア目で、何度も落下を繰り返します。
無事、ミーディアムに辿り着いても帰り道も…。

棄てられたリフリジレイター
入り口からちゃんと壁にかかれた文章に注意していくことが必要。
色の付いたスイッチをその順に押していけばOK。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム