FC2ブログ


レジェンドオブマナ プレイ日記9

シュタインベルガー
ガトの醸造所で銘酒を盗み飲みしたニキータの後始末。
酔っ払ったニキータと戦いますが、意外に強かった。
いや、武器が悪かった。
ロッド愛を更に深めました。
が、一応片手剣でクリア。
銘酒の材料となる砂漠のオアシスの水が必要ですが、それを入れる為のタルを求めて、あちこちの町へ。
無事持ち帰り、世界は救われました。

ギルバード・愛の履歴書
カシンジャに石とされたギルバード。
置物としてクリスティー商会の美術品倉庫に。
その後、穴掘り団に購入され、落盤防止の為の置物となってしまいました。
それを知ったリュミヌー。
彼を助ける為、奔走します。
プレイヤーは要暗記。

こおれる過去
魔法学校の教師メフィヤーンスは、「弟は雪女に氷づけにされた」と生徒達に言っていました。
しかし、それは真実なのか。
ボス戦のドゥ・ミール戦は、レディパールとのシンクロで必殺技オンリーで倒しました。

レイチェル
娘を溺愛するマークと、マークの思う娘像とは違うこと反発するレイチェルの物語。
え、それで良いの?という結末ですが、単純なハッピーエンドばかりではないのが、このLoMの持ち味なのでしょうね。

雪原の妖精
海賊と共に雪原でお宝探しの予定でしたが、ペンギン、南国出身で寒さに弱く、主人公に後を任せて帰ってしまいました。
階級の異なる妖精におまじないをかけて貰い、お宝を持っているエアラングまで辿り着くのが目的。
最後だけは一発勝負なので、注意が必要。

南海の砂浜
発生条件のカニパッシングで失敗しまくった。
手が滑って、カニを追いかけて隣のマップまで行ってしまう、という失敗を2度もしてしまいました。(さすがにマップは2回とも違う)
数自体は20以上なので、楽なんですけどね。

本編の方は、再び穴掘り団との勝負。
アナグマ達を買収しながら、お宝の元へ行くことになります。


海賊vs穴掘り団シリーズ、最後まで放置していたら、1つイベントを消滅させてしまった!!
「プッツィを探せ」って消滅系だったのね。しかも、消滅条件が緩い。簡単に消滅しまう。
無念ですが、今回は2周する気は無いので、諦める。

震える砂
仲間から弱虫と苛められるサハギンのテイクを手伝い、魔物キーマを倒します。
昔、ここのボスがなかなか倒せなくて、弓に変えたらなんとかクリア出来たのですよね。
なので、今回も弓でいきます。
しかし、1回ではやはり勝てなかった。
とにかくキーマと距離をとり、遠くからチマチマと。
そうすれば、爆発に巻き込まれず安全に戦えます。

マナ
聖域で女神の闇の面と戦うことになります。
パートナーは安心のレディーパール。
武器をロッドに変え、とにかく必殺技の連発ですが、意外に外す。
範囲攻撃を受け、3度ほど失敗しましたが、4度目はあまり範囲攻撃が来ない、必殺技がしっかり当たる、ということであっさり終了。

倒すとエンディング。
あれ?エンディングってこんなに短かったっけ?
とあっさり、2周目用セーブ画面となりました。

昔のゲームで、戦闘は面白みが欠けますが、ストーリー、音楽は秀逸です。
アーカイブになっているから、ないだろうけど、このゲームこそリメイクすればいいのに、と思ってしまいますよ。

レジェンドオブマナ プレイ日記8

サボテン
バドが病に倒れてしまいました。
そんなバドの為にサボテンくんが、薬を探して色んな人の所を巡って、薬を手に入れてきてくれます。
お父さんの形見のほうきを勝手に捨てるようなことをするので、仲が悪いのかと思いきや、こんなに走り回ってくれるくらいには大事な家族と思っていてくれるのね。

幸せの四つ葉
滅びた珠魅の町から逃れてきた少女エメロード。
瑠璃と一緒に学園内にいるエメロードに話しかけるとイベント開始。
逃れるときにはぐれた彼女の姉達を探すことになります。
決められた曜日でイベントが進んで行くので、出たり入ったりが忙しいイベント。
姉達は全員、核となって町中に。
癒やしの涙で復活できる、といいますが、癒やしの姫は既にいなくなっています。
ですが、望みを捨てないエメロードの元に宝石泥棒からの予告状。
おびき出されたエメロードの元へ、自身が宝石泥棒の囮となろうとしていた珠魅の長ディアナが案内してくれます。
宝石泥棒サンドラによる足止めのジュエルビーストと瑠璃と共に撃退。
エメロードの元に駆けつけるも、サンドラの言葉に打ちのめされたままのエメロードの核は奪われるのでした。

コスモ
またまた行方不明になった真珠姫を探して瑠璃とマイホームを出ると、宝石泥棒からの予告状。
真珠姫を追ってメギブ洞窟へ。
サンドラに追いつき、真珠姫を取り戻そうとする瑠璃。
しかし、彼の核はサンドラに傷つけられてしまいます。
癒やしの涙を流すことも出来ないのに「姫」だなんて、と真珠姫をののしるサンドラ。
「姫の力は無理でも、せめて戦う力を!」そう願うと、黒真珠の騎士レディパールが現れるのでした。
レディパールとともに逃げ行くサンドラが差し向けたジュエルビーストとの戦闘。
レディーパールのシンクロ技がありがたすぎて、武器が何でも良くなる。
景気よく必殺技を使いまくって終了。
倒れた瑠璃を連れてマイホームに帰って終了。

ニキータ・最後の商い?
傷ついたまま家を出て行ってしまった瑠璃が心配ですが、「幸せの四つ葉」の途中で発生してしまったこちらを先にクリア。
記憶喪失になって、善人っぽくなってしまったニキータに戦々恐々のクリスティーとサザビー。
クリスティーの重篤な病を治す薬を「ただ」で何度も運んでくれますが…。

月読の塔の誘惑者
レイリスの塔入り口で、瑠璃を発見。
真珠姫を探しに2人で中へ。
運命の部屋には真珠姫とレディーパールがいました。
レディーパールは、真珠姫に、今となっては、唯一珠魅を癒やすことが出来る存在となった玉石姫になることを望みます。
しかし、癒やす為に己の命を削ることになるので、「死ぬことは怖い」と真珠姫はそれを拒みます。
そんな中、部屋に入った瑠璃は真珠姫を守る為にレディーパールと戦おうとします。
真珠姫は、主人公に瑠璃を助けることを求めます。
が。
ごめん、心情的には助けてあげたいですが、レディーパールをパートナーにして楽に戦いたいので、お断りだ!
RPGお約束、仲間が敵になったら強いの法則(逆も有り)。
が、レディーパールがいれば大丈夫。
武器もまた変えて、片手剣で使いにくいですが余裕、余裕。
真珠姫にちょっと恨みがましいことを言われましたが、気にしない。

アレクサンドル
上で瑠璃と戦うようなことになっても、変わらず信頼してくれるので申し訳ない。
瑠璃から頼まれ、真珠姫をディアナの元へ。
しかし、ディアナは宝石泥棒から身を守る為、その姿を石と変えていました。
ディアナの心の鍵を集め、元に戻すと珠魅の歴史を聞かせてくれます。
そんなところへ、サンドラが現れ、ディアナを批判し、彼女の核を奪っていくのでした。

フローライト
玉石姫である蛍姫との出会い。
彼女が見る悪夢の退治を夢魔から言いつかります。
その中で、蛍の騎士であるアレク、レディーパール、瑠璃の幻が見ることが出来ます。
ボスは4度目のジュエルビースト。

ティアストーン
主人公が唯一喋る話と名高い宝石泥棒編の最後。
蛍姫の前に現れたレディーパールから、彼女が隠していた事実を聞かせて貰います。
宝石泥棒の計画阻止を蛍姫から依頼され、煌めきの都市へ。
パートナーは、ボス戦ではレディーパールになる真珠姫を選択。
雑魚戦、ボス戦辛いので、武器はロッドに変えました。

煌めきの都市は、サフォーの門の仕掛けがちょっと面倒。
そして、仕掛けを解く前に必ずジュエルビースト戦があるのも面倒。
最上階の玉石の座に入ると、ついに決着の時。
宝石王が1000人の珠魅の死と引き替えに流す涙で蛍姫を癒やそうとしたサンドラ。
999人目の瑠璃の核を奪ったところで戦闘開始。
これを倒すと、予定していた最後の犠牲者レディーパールではなく、自分の核を宝石王に渡した蛍姫のことを頼んだサンドラ。
1000人の核を飲み込んだ宝石王との戦闘。
勝利するも珠魅の未来は途絶えてしまいました。
それを涙する主人公。
言い伝え通り珠魅の為に涙した主人公は石となってしまいました。
異種族である主人公ですら、珠魅の為に涙を流せるのに、何故自分たちは出来ないのか。
他者の為に命を少し渡せる慈しみの心を思いだして!
エメロード達の言葉に珠魅達は…。

これで3大ストーリーは全部終わってしまいましたが、まだイベントは残っているので、それの消化に行きます。

とりあえず一言。ロッドがあれば、下手くそでもクリア出来る!

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

レジェンドオブマナ プレイ日記7

紫紺の怨霊
ドラゴンキラー編第3話。
次の倒すべきドラゴンは、ジャジャラ。
最初の仕掛けを解く為には3人パーティでないといけません。
武器のレアドロップを期待して、いつもオーガボックスを連れているから、問題無しよ。
仕掛けに触れるとパーティーがバラバラになるので、まずはペットと合流。
ラルクと合流する前にシエラと戦う必要があります。
ラルクと合流したら、いよいよジャジャラとの戦闘。
ジャジャラは2段階のボス戦がありますが、どちらも大して強くありません。
攻撃が効く部分が早々に判明したせいもあるかな。
これがわからないと、手間取るのですよ。
体が大きくても、ダメージが通る部分がちっぽけ。
おかげで必殺技は範囲タイプしか使いこなせいない。

豆一族を探せ!
ヘイソン&ハッサンが再びサザビーに謝金返済のために働かせられています。
ただし、今回は報酬がよいので、やる気があります。
伝説の豆一族を捕らえようとしているので、主人公は捕まらないように助けてあげます。
全員を助け出し、豆一族の村にいくと、長老から森にいる恐ろしい魔物退治を頼まれます。
(これを聞き出すのが一手間。通訳者を誘導しないといけない)
ボス・ヘッグスアントは私でも、かなり攻撃を避けられるくらい、分かりやすい動作をしていましたので、余裕の勝利。

白妙の竜姫
いよいよ最後のドラゴン。
度々襲って来ていたドラグーン・シエラが仕えるヴァディスです。
ヴァディスの元に行くと、彼女は戦うことなくラルクの望むとおりマナストーンの部屋へ通し、力を渡します。
そんな彼を見送った後、ティアマットの野望を阻止するよう主人公に求め、その力を測りたいと戦いを申し出てきます。
シエラとヴァディスのセットをペットと2人で倒すことになります。
ここしばらく、短剣で戦っていたのですが、この2人相手には非常に辛い。
どちらも倒せないまま、ゲームオーバーを繰り返してしまいました。
仕方が無いので、ロッドに変えたら、そりゃまあ、あっさりと撃破。
間合いを広く取れるのは大きいのね。

真紅の竜帝
ドラゴンキラー編、最後のストーリー。
シエラと共に、ティアマットの野望を防ぎに奈落の底へ。
ティアマットに戦いに挑もうとすると、ラルクが現れそれを妨げます。
しかしそれは、ティアマットを守る為ではなく、自身があらかじめ結んでいた契約で、ティアマットと勝負する為でした。
勝利した方が奈落から出るということでしたが、ティアマットは戦う前にラルクに過剰な力を与え、彼を鉄巨人へと変えてしましました。
まずは、そのラルクとの戦闘。
今回は短剣でしたが、全然問題なく戦えました。
攻撃がとおる場所が分かりやすいのは、アクション下手でも短剣で充分戦えますね。

倒すと奈落からティアマットの力で焔城が出現。
主人公達もそちらに強制移動。(出て行くことは出来るけれど、奈落には入れなくなる)
ティアマットの所に行くには、まず落とし穴が稼働しなくなるように中ボス達とバトルが必要です。
しかし、その途中の雑魚が強い。
むしろ、雑魚の方が強いかも、というぐらい何度も全滅しました。
シエラ、あんまり役に立ってくれない。
ティアマットの時は、素直に武器をロッドにして挑みましたが、数度失敗しました。
どうも攻撃が当たる場所がわからなくて、無駄にウロウロしているうちにダメージ受けてしまうのですよね。
ティアマットを倒すと、各地のドラゴンは復活。
ラルクは今しばらく奈落にいなければなりませんが、マナの力が悪用されることはなくなりました。

ギルバート・愛の出席簿
ギルバートの次の恋のお相手は、魔法学園の教師カシンジャ。
彼女はつれないですが、彼女に変わって学生のボイコットの説得…を主人公に代わりにさせてきます。
全ての生徒の説得が終わるとギルバートがカシンジャに報告。
しかし、カシンジャはギルバートの思いにこたえることはなく、むしろそのしつこさに石化光線を発動したのでした。

続々々・ニキータ商い道中
ニキータと共にワッツの所へ。
ワッツ相手に強引な商売をするニキータとボケボケのワッツを見ることができます。
作成系は全然やっていないので、ワニ革もちゃんと取ってありましたよ。


レジェンドオブマナ プレイ日記6

ホワイトパール
記憶を取り戻せそうな気がする、とレイリスの塔に1人やって来た真珠姫。
彼女と一緒に行くか、止めるかの選択肢が出てくるので、止めるを選択。
真珠姫は、それを振り切り1人塔の中へ。
主人公もペットとのみで、塔の中へ。
この塔では、2回のボス戦。
1回目は塔の番人、デスペインと戦闘。
この時は、会話の選択次第では、瑠璃を仲間にすることが可能。
勿論、お願いします。
この戦闘後、瑠璃から真珠姫にNPCが変更になり実感しますが、戦闘系NPCは、ほんと役に立っていますよ。
それに引き替え真珠姫ときたら!
帰りの入り口付近で、宝石泥棒サンドラ登場。
彼女は、真珠姫を狙い、ジュエルビーストを差し向けてきます。
ジュエルビースト戦はちょっと苦戦。
回復したいときでも真珠姫が寄ってくるから、それを狙ってジュエルビーストも来るのよ。
落ち着いて回復できない。(攻撃を避けることはもっと出来ない)
3度ぐらいやり直してなんとかクリア。

夢の檻
イベントを終え、マイホームに戻ってきたら、次のイベントのフラグが!
草人が家の前で集まってますよ。
サボテンくんに語りかけて、外に出ると、イベント開始。
草人が何者かに攫われてしまいました。
作業小屋に行くと、召喚師ヌヌザックと夢魔のベルがいました。
ヌヌザックが草人を捕らえ、夢の檻に閉じ込めたのです。
そんな所に賢者ポキールが現れヌヌザックと討論。
マナの木を癒やす草人を捕らえたのは、マナの木が復活し、またその力を狙って、争い事が起きるのを防ぐ為だったようです。
「愛」を信じるポキールとそれを信じられないヌヌザック。
しかし、「それも自由」とポキールは、この場を去って行きました。
草人の救出は主人公のお仕事。
これで、ラストバトルに行く権利は手に入りましたが、まだまだイベントはあるので、行かない。

たゆたう歌声
帝国の船を沈めたセイレーンと勘違いされ問い詰められるリュミヌー。
しかし、実際はリュミヌーの友人エレによるもので、彼女は捕まり、マドラ海岸の一角に閉じ込められてしまいました。
エレが閉じ込められている場所は友人の人魚フラメシュが人間が近づかないようにしています。
少し離れた所から彼女が消える瞬間を狙ってダッシュ。
エレに出会うと、グレイドゥとボス戦。
これはウルカン鉱山のラ・バンのバージョン違い。行動は一緒。
その割りには苦戦しましたけれどね。
多分マップが悪いのよ。

ギルバート・愛の航海
ギルバートの次の恋のお相手は、エレ。
ポルポタの水上レストランにエレと行くと目を付けられてしまいました。
わざわざマドラ海岸まで迎えに行ったのに、ギルバートのせいで逃げ帰られてしまうよ。
海岸に再び迎えに行くと、エレはギルバートに強引に連れて行かれてしまいました。
連れて行かれたのは、海賊船バルド。
海賊の親分バーンズは2人を捕らえて売り払おうと企みますが、エレの歌声で船は爆発し始め、更にそこへ、シュリーゲルが襲いかかってきます。
シュリーゲルはとにかく後ろに付いて攻撃していれば、一部の攻撃以外は大丈夫。
落ち着いたら、再びペンギンたちがエレとギルバートを捕らえようとしますが、親分はそれを止めます。
それどころか、男気をしっかり見せてくれます。
彼のおかげでエレは自由に歌うことが出来るようになりました。
ギルバートは、皆、見捨てた。

静かなる海
海賊ペンギンが魚釣りをしていると、瓶を釣り上げました。
それを空けると、中から幽霊が!
ゴーヴァと戦い、再び瓶に入れて封印。
今回もひたすら後ろを取るのが大事。

群青の守護神
ドラゴンキラー編さっぱり進んでいませんでしたね。
そして、実はこのLoMの3大ストーリーの中で一番印象に残っていない。
ラルクとともにドラゴン・メガロードを倒しに向かいます。
ノルン山脈に入ってすぐにシエラというドラグーンの女性が、そして山脈の途中ではメガロードのドラグーン風読み士達が、このままティアマットに協力することは止めるようにと警告をしてきます。
が、ラルクはそれらに耳を貸すことなく、封印となる風読み士達を倒していきます。
主人公も一緒にだけど。
3人の風読み士を倒して、封印を解き、メガロードを倒すと、ラルクはマナの力を奪って帰って行きました。

宝の地図
海賊と穴掘り団が地図を巡って対決。
主人公達は海賊達に協力して、アナグマたちが破いた地図を集めて回ります。
地図を持つアナグマがいるマップに一定時間以上いると、アナグマ団のコンゴが現れ、地図を奪っていくので、注意が必要です。
1回目はそれをすっかり忘れていて、失敗。
2回目は注意して、アナグマに話しかける度にマップを切り替えるようにしました。
しかし、アナグマ、地図をなかなか渡さない。

課外授業
魔法学園の生徒に課題のお手伝いを頼まれます。
隣のマップの花人や生徒から素材を3つ集めて届けます。
動く花人から正解者を探すのがちょっとだけ大変。

レジェンドオブマナ プレイ日記5

ポキール・夢への誘い
エスカデ編5話目。
ウルカン鉱山のポキールに声をかけると、10年前のマチルダ、アーウィン、エスカデの様子を見ることが出来ます。
鉱山を歩き、10年前の出来事を見て歩き、現実を戻ると、今のエスカデと出会います。
そして、アーウィンと対立するエスカデと、アーウィンをかばうダナエのどちらに付くのか、返答を求められます。
ダナエの方を選ぶとエスカデと戦闘。
エスカデは普通サイズの敵なので、楽勝。

ワッツのハンマー
引き続きウルカン鉱山でイベント。
ばたばたしているワッツに話しかけるのに一苦労。
ハンマーが無くて、探し回っているとか。
探してきたら、武器作りを教えてくれるというので、手伝ってあげます。
ハンマーは穴掘り団のアジトにあるので、それを渡したらクリア。

武器防具作成
ワッツのお礼で、マイホームで武器作りが出来るようになります。

武器作りが出来るのに、楽器やゴーレムはまだ?あれ?ゴーレムのイベント終わっているよね??
再び作業小屋に行くと
楽器作成、ゴーレム作成
順に発生。
とうに条件をクリアしていたよ。
ゴーレムは材料がたくさんいるし、武器・防具、楽器は今ひとつシステムが理解できないので、どれもやりません。
やらなくてもちゃんと最初の1周は出来る!
2周目以降難易度を上げる人用だな!

彷徨の回廊
ガトに戻ってきたダナエ、そして、ダナエがアーウィンに加担してマチルダを妖精界に連れて行こうとしていると非難するエスカデ。
ついには、マチルダの目前で剣を抜いて争おうとし、それを止めさせる為にマチルダは転移の魔法を使いました。
転移によりミンダス遺跡に来たマチルダはアーウィンと再会。
エスカデとダナエは結局、剣をとり戦うことに。
主人公はどちらかに加勢することになります。
今回はダナエを選択。
彼女とともに再びエスカデと戦うことに。
エスカデ編と言いながらも、彼を仲間にすることってほとんどないのよね、私。
アーウィンと再会したマチルダは彼とともに妖精界に行く事は無く、世界の破滅を願う彼の選択ですら、それが彼の自由と受け入れるのでした。
そんな彼を倒し、マチルダとともにありたいと願うダナエの自由も、また。

上天の光
フリーズのせいで3度やり直したわ!

誰もが自由であること、それを望むマチルダ。
彼女の言葉通り、ダナエは自身の望み通り、伝説の長竜ルシェイメアを使って世界を滅ぼそうとするアーウィンを倒しに行きます。
で、このアーウィン戦。
倒し終わった後、2度もフリーズしました。
倒した後、キャラは動くけれど、画面転換しないの。
「ボス戦でイリュージョンを使いまくって(だって、敵の攻撃避けるの苦手なんだもん)、必殺技・精霊の歌でトドメをさす(だって、通常攻撃が当たらないんだもん)」のせいで、処理落ちしているのかも。
そう思い至り、3度目はトドメは通常攻撃で、を心がけます。
イリュージョン無しは無理だった!
なんとか終盤必殺技無しで乗り切り、3度目の撃破。
今度はちゃんと場面転換し、エンディングに向けて進みました。
ロードの度にドキドキさせられましたよ。
マチルダとアーウィンはともに奈落へ。
新たに「宇宙」と名乗るマチルダとアーウィンは、最後の言葉を交わし、2人はそれぞれが抱えるの呪縛から解放され、新たな時代を迎えることに。

砂浜のメモリー
海賊ペンギンのデイビットとヴァレリの恋物語。
それを見届けるためにフルメタルハガーとのボス戦が。
ロッド技を全部覚えたので、このマップから槍を使用。
必殺技はボス戦までにいくつか覚えたので良かった。

波間に眠る追憶
帝国の船の沈没の真相を調べるトーマと宝石泥棒の調査をするボイド警部とホテルの幽霊騒動。
3つの出来事に関わる宝石「青い瞳」の話。
戦闘は無く港町ポルポタを移動しまくるだけでクリア。

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム